キスマークはつける場所によって意味が違っている

背中につけるときは確認の意味合いが強い

キスマーク 場所 意味“キスマーク”は付けられる場所ごとで意味が変わる!?

キスマークの場所別の意味を知っておくことをおすすめします唇につける場合は愛情の意味があるでしょう背中につけるときは確認の意味合いが強い

背中につけるときは確認の意味合いが強いです。
本当に自分のものであるかどうか不安なときに背中につけてしまう人が多いと言えます。
恋人が異性と仲良くしているシーンを見て、その異性に対して自分の恋人をとらないでほしいという気持ちからキスマークをつけてしまう人が多いと知っておくと良いです。
太ももに行うときは支配の気持ちがあります。
行為の際や普段から自分が優位でありたいと考える人が、支配欲のあらわれで太ももにキスマークをつけることが多いと理解しておきましょう。
温厚な相手からつけられた場合は、口にしないだけで実は支配したいと考えているのかもしれません。
おなかにつけるのであれば、回帰をあらわしています。
母性を求めている行為であり、癒されたいと感じている人がおなかに行うことが多いです。
仕事で疲れたり精神的に落ち込んでいる可能性が高いので、つけられた場合は寛大な心で包み込む姿勢を見せることがおすすめだと言えます。
キスマークはつける場所によって全く違った意味があるので、場所ごとにどのような違いがあるのか知っておくと良いでしょう。
口に出さなくても心の奥底で思っていることがマークをつける位置にあらわれていることもあるので、相手の深層心理を判断するために活用することができます。
マークをつけられることが多い場合や相手の気持ちを知りたい場合は、照らし合わせてみることがおすすめです。