キスマークはつける場所によって意味が違っている

唇につける場合は愛情の意味があるでしょう

唇につける場合は愛情の意味があるでしょう。
特に愛の言葉を伝えることが苦手な男性は行動で愛情を伝えるので、キスするだけではなく唇やその周りにキスマークをつけてしまうことがあります。
いつも唇につけられるのであれば、独占欲が強い可能性があることを知っておくと良いです。
ストレートな愛情表現の証なので、普段愛の言葉がなくて不安な人も唇につけられることが多いのであれば安心して良いでしょう。
耳に行うときはセックスアピールの可能性が高いです。
もっと快楽を得たいと考えている、もしくは相手にもっと満たされてほしいと思っている可能性が高いと言えます。
行為前であれば誘われている可能性が高いですし、行為中であればもっと盛り上がりたいという意思のあらわれかもしれないと知っておきましょう。
腕につける場合は恋慕のあらわれだと言えます。
相手を恋しく思う気持ちや慕っている気持ちのことであり、とにかく愛おしくて仕方がないときに腕にマークする人が多いです。
髪へのキスも恋慕のあらわれですが、腕にキスマークをつけられる場合は、更に強い恋慕を示しています。
手の甲は敬愛の証であり、尊敬の念と愛情の両方をあらわしていることが多いです。
プロポーズをするときに手の甲にキスをする人が多いことからも分かるように、この部分に積極的につけられる場合は結婚相手として考えられている可能性が高いと言えます。
胸元に行う場合は所有を意味しており、独占欲の強い男性が独占したい相手の胸につけることが多いです。
女性の胸が好きな男性は母性本能を求めていると言われることもありますが、この部分にマークをつけられるときは母性本能を感じているのではなく独占欲を感じていることが多いと知っておきましょう。

【鳥斉】
お調子者にはお仕置を(1/2)
※肌色、キスマーク注意 pic.twitter.com/7YQIAo4joL

— さくらい (@sakurai6a) February 4, 2020

キスマークの場所別の意味を知っておくことをおすすめします唇につける場合は愛情の意味があるでしょう背中につけるときは確認の意味合いが強い