キスマークはつける場所によって意味が違っている

キスマークの場所別の意味を知っておくことをおすすめします

キスマークの場所別の意味を知っておくことをおすすめします唇につける場合は愛情の意味があるでしょう背中につけるときは確認の意味合いが強い

首筋や鎖骨など、様々な部分にキスマークをつけたりつけられたりすることがあるはずですが、これは場所によって意味が違っています。
明確な思いを持ってその部位を選んでいる人もいれば、知らず知らずのうちに潜在的な意識が働いてその部位を選んでいる人もいることを知っておきましょう。
マークをつけたりつけられたりすることがあるのであれば、場所別の意味を知っておくことをおすすめします。
首筋の場合は執着心のあらわれです。
ヤキモチをやいてしまって不安に感じるときなどに、この部分にマークをつけてしまう人が多い傾向があります。
見える場所に痕を残すことによって他の異性を寄せつけないようにしている可能性も高いです。
絶対に手放したくないと感じている相手の首につけてしまう人が多いことを知っておきましょう。
また、誘惑されていることのあらわれでもあり、相手への気持ちが抑えられなくなって首にマークをつける人も少なくないです。
のどに行う場合は欲求のあらわれだと言えます。
噛みつきたいほど相手のことを欲しているケースが多く、欲求が抑えきれなくなっていて本能があらわれている可能性が高いです。
長期間会うことができていなかった恋人、しばらく身体の関係がなかった相手から行われた場合は、相手がかなり欲求不満だったのかもしれないです。
鎖骨も欲求をあらわしているのですが、のどの場合と違って性的な欲求ではなく周囲にアピールしたいという欲求が隠されています。
自分の自慢のパートナーだとアピールしたい、交際していることで周囲の人に対して優越感を覚えている場合などに鎖骨を選ぶ人が多いです。
個数が多くなるほど、相手のことが大好きで周囲の人に見せつけたいと考えている可能性があります。